何の種でしょうか?

何の種か分かりますでしょうか?

答えは、大根の種です。

昨年の冬に播いた大根を種採りのために何株か残しており、それに種ができました。大根は身近な野菜ですが、これが大根の種だと知っている人は少ないのではないでしょうか。

実はこの種、生で食べることができます。食感はサヤエンドウに似ていますが、味は大根そのものです。刻んで薬味にしたり、サラダにしたりすると美味しいです。

1株の大根からそれなりの量が採れますので、もしそれなりの値段で売れれば普通の大根よりも良い商売になるかもしれません。新しい大根の食べ方として、流行らないものでしょうか。

♠♠♠二十四節気と七十二候♠♠♠
二十四節気・・・立夏(りっか):しだいに夏めいてくるころのこと。
七十二候・・・蚯蚓出ずる。(みみずいずる):みみずが土の中から出てくるころ。(次候)(新暦では、およそ5月10日~5月14日ごろ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です