リンゴの新芽

昨年植えたリンゴの木から新芽が出てきました。

葉も何もついていない見た目は枯れ枝のような苗木を植えたのですが、冬ということもあり植えた後もまったく変化がありませんでした。

きちんと根付いたのか、もしかしたら枯れてしまったのではないだろうかと、不安だったのですが無事生きていたようです。

元気そうな新芽が出てきて一安心です。葉がなにもついていない、棒っきれのような苗木から、こんなに綺麗な新芽が出てくることに植物の力強さを感じました。

 

♠♠♠二十四節気と七十二候♠♠♠

二十四節気・・・清明(せいめい):すべてのものが清らかで生き生きとするころのこと。

七十二候・・・虹始めて見る。(にじはじめてあらわる):春の雨上がり、空に初めて虹がかかるころ。(末候)(新暦では、およそ4月14日~4月19日ごろ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です