雨の日は気をつけよう

車が畑に嵌るのです。

先日の雨の日に、収穫のために畑に行き、車を畑の中に駐車しました。収穫が終わり、さぁ帰ろうとしたら、タイヤが土に沈んでしまい、タイヤが空回りし、車が動けなくなってしまいました。

収穫には一人で来ていたので、一人に車を押してもらうこともできません。

今から考えれば、畑がぬかるんでいるとき、車が嵌るのは、当たり前のことだとは思いますし、同じことをどこかで聞いたことがあった気もするのですが、自分が嵌るまでそんなことは、まったく思いもしませんでした。

仕方が無いので、研修先の方に電話で連絡し、別の車で助けに来てもらい、近くに置いてあったトラクターとロープで連結し、なんとか引っ張りだしてもらいました。

皆さんも畑がぬかるんでいるときは、気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です