野菜といらったらトマト!

と、思う人も多いのではないでしょうか。
夏野菜の定番中の定番トマトです。

もちろん、研修先でもトマトを作っています。6月前後から採るハウス栽培のトマトと、それ以降に採る露地栽培のトマトを作っており、今回はハウスのトマトの定植を行いました。

植える際のポイントは二つあります。
一つ目は、ニラと一緒に植えること。以前にも紹介しましたが、混植というものです。こうすることにより、トマトの病虫害を防いだり、お互いの生育を良くしたりする効果があるのです。本当は更にこれに加えバジルも植えるそうなのですが、今回はバジルの準備が間に合わなかった為、ニラのみの混植になっています。

二つ目は、苗を斜めに寝かせて植えること。斜めに茎の部分まで土の中に埋めます。こうすると、土の中にある茎からも根が生えてきて、丈夫になり、良いトマトができるのです。

私はまだ、研修先のトマトは食べたことがありません。いったいどんな味なのか、早く食べてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です