初夏の畑

暦の上では、立夏も日ごとに暑くなってきました。

夏野菜の苗もどんどんと大きくなってきて、畑への定植で忙しい季節です。ここ最近は、雨も多くなってきたので、その合間をぬって様々な野菜を植えています。

今年は、春から微生物を増やすために畑のほぼ全面に種を蒔きアルファルファという植物を生やしています。冒頭の写真がそのアルファルファです。元気いっぱいに育っています。

左:アルファルファとライムギ 右:アルファルファ

アルファルファが育っている場所を避け、夏野菜の定植をしているので、いつもよりも大分狭いスペースとなっています。そのため、今年の夏野菜の植え付けは自家用と種取り用と割り切り各種類4株程度と、少なめです。

トマト
ナス

心配しているのが梅雨入りが早そうなところです。長雨にも負けないように、ある程度大きくなってから梅雨に入ると良いですが、例年よりも大分梅雨入りが早そうで、梅雨の長雨で株が弱ってしまいそうなのです。

植え付けたズッキーニ 葉が黄色くなってきており元気が無い

いつも天気の心配していますが、これとどう付き合っていくかが腕の見せ所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です