サツマイモの伏せ込み

前回作った踏み込み温床にサツマイモの伏せ込みをしました。

苗を作るために、サツマイモを土に植える作業を「伏せ込み」といいます。3月上旬に踏み込み温床を作り、そのあとすぐにサツマイモの伏せ込みを行いました。

温床の上に数センチ畑から持ってきた土を敷き、その上に冒頭の写真のようにサツマイモを並べます。その後、サツマイモが隠れるように土を被せて完成です。温床作りは少し手間ですが、伏せ込み自体は簡単です。

土をかけた後

3月上旬にこの作業を行い、現在3月下旬ですが、サツマイモの芽はまだ出てきていません。土の中に温度計を入れて温度を確認していますが、明け方でも20℃程度の温度は確保できているようです。1か月程度で芽が出てくると思っているので、まだまだこれからなのですが、これまで、どうもサツマイモの苗づくりに関しては上手くいっていないので、すこし不安です。

芽が出たら、また記事にしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です