新しい畑

新しい畑の造成が終わりました。

先日の記事で、新しく借りた畑の造成をしていると書きましたが、それが一通り終わりました。

かかった時間は一か月ちょっとでしょうか。一つ目の畑を作った際は、同じくらいの面積で、2か月以上かかっていました。畝づくりもだいぶ手馴れてきて、早くなってきたようです。今回畑を作った場所は、他の畑に比べて比較的、土を掘った際の石や木の根といったものが少なかったのも早かった理由です。

それにしても、自分の手で作った畝ができた畑を見るのは気持ちいいです。「開墾した!」という気分になります。

早く野菜を植えたいところですが、これまでの経験から言うと、しばらくは野菜は上手く育ちそうもありません。一つ目の畑は、3年目に入ってようやく野菜が育つようになってきました。ただ、今回はビニールマルチを使用することにより、地温を上げてより早く土ができるかどうか試してみるつもりです。うまくいけば、半年程度でそれなりに育つようになってくれるのではないかと考えているのですが、どうでしょうか。

 

♠♠♠二十四節気と七十二候♠♠♠
二十四節気・・・啓蟄(けいちつ):陽気に誘われ、土の中の虫が動きだすころのこと。
七十二候・・・桃始めて笑う(ももはじめてわらう):桃のつぼみがほころび、花が咲きはじめるころ。(次候)(新暦では、およそ3月10日~3月14日ごろ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です