冬の出荷物

この季節、農協に出荷しているものの紹介です。

写真に写っているものは、ラディッシュです。この他にカラシ菜を出荷しています。

ラディッシュは別名二十日大根。丸くて真っ赤な物を良く見かけますが、私が今回栽培したものは、赤と白のツートンカラーで少し細長くなる種類の「フレンチブレックファスト」という品種です。

カラシ菜は、あまり馴染みがあるものではないかもしれません。ピリっと辛みがある野菜で綺麗な赤い色をしています。生のままサラダに入れたり、炒め物やスープなんかに入れたりして食べると美味しいものです。

この季節、今までは大根、ハクサイくらいしか育てていませんでした。しかし、農協に出荷するということを考えると、大根は収穫できるのですが他の慣行農法の方のものと比べると若干小さく、更にこの季節は農協も大根で溢れるので単価も安く、売れ残る可能性が高い為、あまり出荷する気になりませんでした。ハクサイはそもそもまだ上手く育っていません。

そういうことがあり、今年初めて栽培このラディッシュとカラシ菜を、農協出荷を意識して試験的に作ってみました。どちらも色が綺麗で目立ち易く、周りの農家さんがあまり作っていないものを意識してみました。

試験的にということで、作付けは少ないのですが、出荷した手ごたえとしてはそれなり買ってもらえ、まずまずです。

来年は、この季節の農協出荷メインの野菜として考えても良いと思っています。

 

♠♠♠二十四節気と七十二候♠♠♠
二十四節気・・・大雪(たいせつ):いよいよ本格的に雪が降りだすころのこと。
七十二候・・・鱖魚群がる(さけむらがる):鮭が群れなして川を遡るころ。(末候)(新暦では、およそ12月16日~12月20日ごろ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です