大根収穫

立派な大根が収穫できました。

11月初めの記事では、大根の直径は3cmくらいと、まだまだ小さいと書いたのですが順調に育ってくれたようで、太さ8cm程度はある立派な大根が採れました。このサイズは今までの中で一番大きいものです。

といっても、この立派なサイズまで育ったものは、全体の中の三分の一程度で、小さい大根もまだまだあります。それでも、昨年に比べると大変な進歩です。大根は時期をずらして蒔いているので、このあとも1、2月くらいまで収穫ができる予定です。どのくらいの割合で、大きな大根として採れるか楽しみです。

ここ最近収穫記事が続きます。昨年のこの時期はほとんど野菜が収穫できなかったことを考えると、土の状態、私の栽培技術も少しは上がってきたようです。

野菜の収穫が続きます。昨年のこの時期は、ほとんど野菜が収穫できなかったことを考えれば、大きな進歩といえるでしょう。

♠♠♠二十四節気と七十二候♠♠♠
二十四節気
・・・大雪(たいせつ):いよいよ本格的に雪が降りだすころのこと。
七十二候・・・閉塞く冬と成る(そらさむくふゆとなる):天地の陽気がふさがり、真冬が訪れるころ。(初候)(新暦では、およそ12月7日~12月11日ごろ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です