キャベツの芽

虫に食べられてしまったキャベツの芽です。

秋冬野菜の種蒔きシーズン真っただ中で、毎週のように種を蒔いています。キャベツは8月下旬に蒔いたのですが、双葉が出て少し経ったところで、御覧のように虫に食べられてしまいました。

まだ暖かく虫の動きも活発ですので、防虫ネットを掛けて気をつけていたのですが、それでもダメだったようです。防虫ネットには、どうしても隙間が少し開くのですが、そこから虫が入って来てしまったのでしょう。

防虫ネット

食べられてしまったところには、新しく種を蒔きなおしたのですが、また同じことになりそうで心配です。

この時期に種を蒔く場合の虫対策について、もっと勉強する必要があります。

 

♠♠♠二十四節気七十二候♠♠♠
二十四節気・・・白露(はくろ):大気が冷えてきて露を結ぶころのこと。
七十二候・・・草露白し(くさのつゆしろし):草に降りた露が白く光って見えるころ。(初候)(新暦では、およそ9月7日~9月11日ごろ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です