サツマイモの危機

サツマイモが全滅の危機に瀕しています。

冒頭の写真をご覧いただけたでしょうか。朝、畑に到着し野菜の状況を見て回っていたら、このような状態になっており驚きました。サツマイモの根元が掘り返され、芋がなくなっています。おそらく、これは動物にやられてしまったのです・・・。

近くで畑をやっている他の人にも被害が出ており、そういった人からの話を聞く限り、どうやらハクビシンが犯人のようです。

今年のサツマイモは、これまでで一番元気に育っており、今から収穫をとても楽しみにしていました。それが、こんなことになってしまうとは・・・。

元気に育っているサツマイモ

掘り返されてしまったサツマイモのツルを、とりあえず元に戻し、土で埋め綺麗にしておいたのですが、次の日に確認したら、再び掘り返されていました。更に、その次の日には今度は別の株が被害を受けていました。

電気柵等を作っている人もいますが、手間暇を考えると現実的でなく、対抗策が思いつきません。

まだ被害を受けていない株もありますが、そのうち全て掘り返されて食べられてしまうことでしょう・・・。

これまでになく、上手く出来ていただけに非常に残念です。しかたがないので、来年は別の畑で作ってみようと考えています。そこにも動物が出てくる可能性はありますが、どうにかなってくれることを祈るばかりです。

 

♠♠♠二十四節気と七十二候♠♠♠
二十四節気・・・大暑(たいしょ):もっとも暑い真夏のころのこと。
七十二候・・・大雨時行る。(たいうときどきふる):夏の雨が時に激しく降るころ。(末候)(新暦では、およそ8月2日~8月6日ごろ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です