あけましておめでとうございます

新しい年になり、今年の目標をと思いましたが、まだ昨年の野菜の売上について書いていなかったので、今回はその話です。

昨年は、少しだけですがようやく野菜も出来始め、近所の農協に初出荷し初売上を計上することができました。

年間の合計売上は3,000円弱、そこから手数料として農協に10%払う計算になります。

品目は、小松菜・バジル・大葉・サラダセットです。一番売上に貢献したのがバジルで、売上の半分近くを占めています。サラダセットは年末に1袋だけ出荷してみました。これについては、近いうちにまた記事にしたいと思います。

「年間」売上がたったの3,000円弱では、これで生計を立てるなど夢のまた夢です。ですが、昨年の売上は0だったのですから、これは大きな一歩だということにしようと思います。

農家で頑張ろうと決めた際に、2年目でも売上数万円はいくのではないかと考えていましたので、そこは目標に届かずとなります。原因の一つは、家で食べる分には問題無い野菜は出来ているのですが、いざ農協で売ろうとなると他の農家の野菜と比べて一回り小さく、売りにくいということです。ですので、葉を摘み取って出荷できるバジルは、バジルの株自体が小さくても、商品にあまり影響が無いので売りやすいものでした。

昨年の出荷状況は、ざっと以上のような感じでした。これを踏まえて、今年の目標を考えていきたいと思います。

 

♠♠♠二十四節気と七十二候♠♠♠
二十四節気・・・冬至(とうじ):一年でもっとも昼が短く、夜が長いころのこと。
七十二候・・・雪下麦を出だす(せつかむぎをいだす):降り積もる雪の下で、麦が芽を出すころ。(末候)(新暦では、およそ12月31日~1月4日ごろ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です