畑の造成再開

畑の造成再開です。

夏のあまりの暑さと、雑草の伸びが早いため草刈に時間をとられていたので、しばらく中断していた畑の造成を再び開始しました。日中最高気温は20℃前後と、とても作業しやすい季節です。作業していてとても気持ちが良いです。

現在、2か所に畑を借りており、1か所目の畑はすでに造成は終わったのですが、2か所目の畑はまだ3割ほどしか終わっていません。微生物が繁殖しやすいようにと、少深めの溝を掘っているのですが、全て手で掘っているためこれがなかなか大変です。

また、2か所目の畑は、冒頭の写真にある通りかなり石が多い土となっています。地主さんから話を聞くところ、どうやら昔は川が流れていたとのこと。確かに言われた通り、まるで河原を掘っているような気分になってきます。たとえ小石といえども、スコップが土に深くささらず、すぐに石にぶつかって止まってしまい、普通の土を掘るよりもかなり労力が必要です。

他の畑仕事もありますし、このペースで行くと、2か所目の畑の造成が全て終わるのは、来年もしくは再来年になってしまうかもしれません。焦らずのんびりやっていきたいです。

 

♠♠♠二十四節気と七十二候♠♠♠
二十四節気・・・寒露(かんろ):露が冷たく感じられてくるころ。
七十二候・・・菊花開く(きっかひらく):菊の花が咲きはじめるころ。(次候)(新暦では、およそ10月13日~10月17日ごろ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です