初めての田植え

田植えを行いました!

稲刈りは、以前知り合いのお手伝いで経験があったのですが、田植えは今回が初体験です。

あいにくの、小雨交じりの天気だったため、カッパを着て行いました。田んぼの中に入って水に浸かっていると、少し肌寒いくらいの天候でした。

植える稲は、以前「もみふり」をした稲です。20cm前後まで大きくなっていました。

さて、いざ田植え、田んぼの中に入っていくのかと思いきや、今回の田植えは、そうではありませんでした。田植え機というものがあるからです。

これに稲をセットすれば、人が田んぼの入って手で植える必要はありません。約50m×50mくらいの面積を二時間弱で植えることができました。便利な機械があるものだと感心しました。

ただ、畦(あぜ)の近くなど機械では植えにくい場所があるので、そこは田んぼに入っていって、人の手で田植えをしました。

足袋を履いて、ズボンを膝までまくって、田んぼに入っていきましたが、なかなか気持ちよかったです。農薬もまったく使っていないので、蛙やオタマジャクシが、楽しそうに沢山泳いでいました。

農薬を使っている田んぼだと、
「魚が腹を見せて死んでプカプカ浮かんでいる中で、稲が育っている」
という話を以前ちらっと聞いたことがあります。農薬を使っている田んぼが全てこうなっているというわけではないと思いますが、そんなお米を食べるというのは、ちょっとゾッとする話です。

もちろん、研修先のお米は、無農薬・無化学肥料で作っています。収穫して食べるのが本当に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です