菜の花

研修が始まったら、ブログの更新頻度を上げようと思っていましたが、研修で疲れ果ててしまい、なかなか更新できない今日この頃です。

ここ最近は、研修先に朝5時に集合し、家に帰宅するのが21~22時という毎日です。まだ、体が慣れていないのもありますが、家に着くとぐったりです。ほぼ毎日雨なのも、つらいところです。

さて、話題は変わりまして、現在出荷している春野菜について書きたいと思います。その野菜は「菜の花」です。この季節色々なところでよく見かけますが、これも立派な商品になるのです。

菜の花は、小松菜、白菜、チンゲン菜等いった、アブラナ科の花のこと全てを指します。研修先では、主に小松菜の菜の花を出荷しています。小松菜の収穫もするのですが、終わったらそのまま置いておくと、菜の花が咲くのでそれを野菜として出荷するのです。

おひたし等で食べたことがある人も多いと思います。つぼみの状態が柔らかく、美味しいです。花が咲くと硬くなってしまいます。ですので、花が咲いている茎は収穫せず、つぼみの茎のみを摘み取って売り物にします。

時間があれば売り物にならない菜の花の花の部分で、花束でも作ったら面白そうだな、と思いました。

2016年4月10日一部修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です