研修開始

4月になり、研修が始まりました。
研修先は、無農薬、無化学肥料で野菜を育てている、農家です。
研修先で、どんなスケジュールで一日を過ごしているかは、もう少し私が慣れてきてから書きたいと思います。

今は、ビニールハウスで育てたカリフローレの苗を、畑に植える作業を行っています。写真は、畑に植えたカリフローレです。

カリフローレとは、カリフラワーの品種の一つで、一般的なカリフラワーのように一つの丸い塊状に花が出来るのではなく、花の柄になっている部分が細長く分岐し、花がばらけた感じにできるそうです。(参考

研修先は、少量他品目で農家経営をしており、あまり聞いたことが無い野菜も色々と育てています。

植える際は、カリフローレをいくつか植えたら、間にレタスの苗も植えていくようにします。これは混植といって、病害虫の発生を抑えたり、お互いの成長が促進されたりします。
もちろん、混植に適した組み合わせが色々とあるので、これから、覚えて行きたいです。

また、地面が黒いビニールで覆われていますが、これは「マルチ」といって、地面を保温したり、雑草の発生を抑制する効果があります。

カリフローレとレタスの植え付けが終わったら、「トンネル」といって、苗の上にトンネル状にビニールをかけます。まだ春先で寒いですので、保温のためにトンネルを作るのです。

こんなことをしていたら、あっという間に日が暮れ、一日が終わりました。

カリフローレは、今まで食べたことがない野菜です。収穫が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です